生活習慣とニキビの関係は?

ノンエー

大人になってからできる大人ニキビは、生活習慣の乱れからできてしまうと言われています。

 

生活習慣とは、食事のバランス、睡眠状態と睡眠時間、ストレスの有無、生活態度、のことです。

 

 

 

仕事の関係と言えども、夜遅く食事したり、連日のアルコール摂取、夜遅くて朝起きられないという昼夜逆転の生活、仕事での人間関係のストレス、人前でプレゼンすることで緊張からくるストレス、時間と能力と仕事量がバランスとれずに仕事が進まないことからくるプレッシャーとストレス、などです。

 

こうしてあげていくと、大人はいろいろ生活していくのに、苦労しているものなのですね。

 

生活習慣が乱れていくと、肌のターンオーバーが乱れます。

 

内蔵の健康状態もあまりよくありません。それらが重なって、ニキビとして肌の表面に表れてくるのです。特に、口の周りの大人ニキビは内臓からのSOSと言われています。ニキビができているなと思ったら、生活習慣を見直すことが大切です。

 

仕事でのストレスが多いと感じたら、自分のできることを探して、今の状態を改善しましょう。お酒を飲む人なら、いきなり禁酒ではなく、週に1回休肝日を作って控えるようにしましょう。食事がアンバランスなら自炊を始めるとか、きちんと3食摂るとか、できる範囲で改善していくことです。